他のシステムとも連動する|利便性の高いワークフローで業務を迅速化

ウーマン

情報管理の効率化

男性

企業内における情報管理というのは、一般的に部門ごとの基幹システムによって管理されています。ERPパッケージを導入した際には、そのように部門別に管理されてきた情報を一元管理することができるようになるのです。

詳しく読む

新しい連絡ツール

メール

チャットツールの登場によって、人々のコミュニケーションはより円滑なものとなりました。企業においてもその影響は大きく、既にグループウェアと呼ばれるチャットシステムを導入している企業は多く存在します。

詳しく読む

電話対応によるタイムロス

ウーマン

企業内における電話対応をアウトソーシングしたいと考える時には、秘書代行の利用が最適です。秘書代行は電話対応の代行を専門としている業者で、優良な業者であれば安心して電話対応を任せることができます。

詳しく読む

業務をスムーズに

男の人

私の勤めている会社では、業務の70%以上は、ワークフローで申請、決済をもらう決まりになっています。物品購入も、費用に応じて決済責任者が決まっており、その最終責任者の決済が必要です。また、会議の議事録を出席者に送付するのも、ワークフローで全員に回すことが可能です。会社内のほとんどの業務をワークフロー化する事で、責任所在が明確になる事が大きなメリットと言えます。また、顧客情報を取り扱う業務は、情報管理責任者の承認が必要になるので、顧客情報、機密情報の漏えい事故防止に繋がる。ワークフローで申請した業務は、進捗管理機能ではワークフローの進捗具合を確認でき、停まっている場合は、その責任者に催促するというフォローも可能となっています。

また、ワークフローは、複製機能も持っています。過去に類似案件、キーワードをシステムに入力すると、検索結果が表示され、再利用したい場合は、複製する事が可能です。この複製機能により、決済作成稼働が削減されます。また、ワークフローシステムは文書保管システムとも連動しているのです。決済の添付の文書は、最終承認されると、文書保管システムに保管されます。この機能により、文書が蓄積されると同時に会社全体の知識情報が蓄積されるのです。また、社内には全文検索システムもあり、蓄積された文書、ワークフローあらゆる情報からキーワード検索が可能となります。これらの機能により、営業担当者が過去の提案書を雛形として、新たなお客様への提案書を作成する等ナレッジ共有が可能です。このように、ITを使って業務をスムーズにすることができるようになってきましたが、ITの方がセキュリティが守れるため、web給与明細配信システムを使って給与明細を配る会社も増えてきています。web給与明細配信システムの導入を考えるなら、メリットなども検討しましょう。